【呪術廻戦】五条悟の虚式・茈(むらさき)など術式を徹底解説! アイキャッチ画像 https://www.youtube.com/
記事作成日:

【呪術廻戦】五条悟の虚式・茈(むらさき)など術式を徹底解説!

呪術廻戦に登場する呪術師、五条悟は「現代最強の呪術師」と謳われている突出した実力の持ち主です。使用する術式も「虚式・茈(むらさき)」をはじめとしてきわめて強力な物ばかりです。今回は最強の呪術師・五条悟の使用する術式を領域展開も含めて詳しく解説します。

【呪術廻戦】五条悟とは

呪術廻戦では様々な呪術師や呪霊が登場しますが、その中でも五条悟というのは別格な実力を持つ呪術師という立ち位置になっています。まずはどんな人物なのか解説していきましょう。

五条悟のプロフィール

  • 名前:五条悟
  • 年齢:28歳
  • 身長:191㎝程度
  • 誕生日:1989年12月7日
  • 所属:東京都立呪術高等専門学校1年生担任
  • 等級:特級呪術師

五条悟は特級呪術師の1人

日本国内にたった4人しか存在していない、特級の名を冠する呪術師の1人です。生まれながらにして術式などを詳細に把握可能な特別な眼「六眼」を有しており、後述する無下限呪術を有する「うん百年振りの抱き合わせ」とも称されます。

特級呪術師として認定されるのは「単独で国家転覆が可能である」という条件がある事が作中で判明しています。これは、最強と謳われる五条悟と後に詳しく解説する術式からすれば苦もない事でしょう。

加えて、現在では五条を加えた4人の特級呪術師たちの戦闘などのシーンも詳細に描かれており、ある程度特級という存在がどれほどに強力かつ異端なのかも読者に分かってきました。

そしてその上で、特級という尋常ではない階級に居ながらにして更に隔絶した実力を持っている事も分かったために五条悟の強さ・影響力が改めて大きいことが分かっています。

五条悟の人物像

最強と謳われている存在という肩書とは裏腹に、誰に対しても明るいノリで話し現代人らしい振る舞いを見せます。見た目は190㎝越えの身長、白髪、そして六眼による碧眼など、名前に反して日本人離れしています。

呪術師の世界でも御三家と呼ばれている名家の出身であり、禪院家、加茂家に並ぶ五条家の一員です。常にアイマスクをして目隠しをしている姿が特徴的です。

主人公である虎杖と同じ学年の伏黒、釘崎の3名が在籍する呪術高専東京校1年生の担任を務めており、後進を育てることに力を注いでいます。

これは、現代の呪術界の上層部が保身や現状維持、権力にしがみつこうとしておりそういった体制を忌避しているからで、自分に並ぶ強い後輩を育て呪術界の革命を起こそうとしています。

【呪術廻戦】狗巻棘がかっこいい!魅力から名シーンまで徹底紹介!

【呪術廻戦】狗巻棘がかっこいい!魅力から名シーンまで徹底紹介!

【呪術廻戦】五条悟の無下限呪術や虚式・茈(むらさき)など術式

作中で何度も「最強」と言われ自他ともに認める呪術師として大きな影響力を持つ五条悟ですが、その強さの秘訣は五条家相伝の術式にあります。

無下限呪術

その強さの根幹を支えているのが、無下限呪術です。御三家である五条家相伝の術式であり、収束する「無限」を現実とする事が可能な術式です。

より簡単に解説すると、自身の周辺にこの無下限呪術によって現実へと具現化した「無限」を発生させます。外敵が自らに近づくほど速度が低下していき、文字通り「無限に接触不可能」となってしまいます。

一言で言ってしまえば、常時攻撃が全く届かない無敵状態と言ってよく、作中でも屈指の実力を持つ特級呪霊たちが束になって相手になっても全く敵わない程です。

如何に強力な術式であっても使用できなければ意味が無く、高専時代も長時間使用すると体調を崩すほどでしたが、回復可能になる反転術式の会得によって脳を回復し続けることでオート使用が可能になりました。

無限を発生させるという効果を応用することで、瞬間移動や空中浮遊といった使い方も可能になる様ですが、本人曰く条件がある様です。

非常に繊細な術式で実際に使用するには原子レベルの超精密な呪力操作を要求され、実戦での運用にはあらゆる情報を詳細に視認できる特殊な眼・六眼が必須なのですが、生まれながら有しているために五条だからこそ使用できる術式と言えます。

虚式・茈(むらさき)を習得した術式反転

https://twitter.com/mothald/status/1350637792502587392?s=20

自らに無下限によって攻撃不可能な無限を発生させ、更には「蒼」と「赫」によって非常に強力な攻撃も可能としているのですが、それだけでは太刀打ちができなかった存在がいました。

それこそが高専時代に遭遇した天与の暴君、伏黒甚爾の存在で、全ての術式効果を強制解除してしまう呪具および本人の身体能力によって一度は圧倒されてしまいます。

しかし、その後生死の狭間で呪力の核心に迫ったことにより会得した自らを回復させる「反転術式」により復活、これによってこれまで不可能だった「赫」の使用が可能になりました。

「蒼」と「赫」の両方が使用可能になったことで奥義の使用条件も満たし「虚式・茈」によって伏黒甚爾を討ち果たし決着を付けました。

虚式・茈(むらさき)の習得へと繋げた術式順転・蒼(あお)

先に述べた通り、虚式・茈は術式順転・蒼と術式反転・赫を掛け合わせて使用するものなので、先に両方とも使えるようになっていなければなりません。

まず術式順転・蒼は、本来の術式である無下限呪術が発生させる無限を強化し「-1という虚構」を発生させるという矛盾によって収束、つまり吸い込みの反応を生み出すものです。

現実に発生した吸い込みの反応を動かすことによって、発生地点の周辺を瞬く間に更地へと変えてしまうほどの威力が発揮されます。相手からすれば、極小のブラックホールが発生し強烈に吸い込まれるようなものでしょう。

この術式を応用することで、自らの肉弾攻撃を加速して目にもとまらぬスピードと攻撃力を生み出したり、長距離間の瞬間移動などにも活用できるのですが、使用できるのは一定条件がそろった時に限られる様です。

虚式・茈(むらさき)の習得へと繋げた術式反転・赫(あか)

もう1つ必要な術式「術式反転・赫」についても解説しましょう。本来の無下限呪術である無限をそのまま強化して使用する蒼に対して、こちらは術式反転によって生み出されるものです。

発生した無限に「発散」作用を加える事によって、対象を吹き飛ばす目には見えない衝撃波が発生します。回避も不可能な強烈な吹き飛ばし技で、特級呪霊相手にも非常に有効です。

ただし、発散を指せるという術式の関係上効果範囲も広く出力も大きいので、周りの人間を巻き込む恐れがあります。よって民間人が入り乱れるような場所では、使用が制限されています。

高専時代にはまだ反転術式を使用できていなかったことから、発動しようとしてもなかなか成功していませんでした。

「蒼」と「赫」を掛け合わせて生成した虚式・茈(むらさき)

https://twitter.com/ninin_travel/status/1632692444344242176?s=20

五条悟の有する術式の中でも奥義に位置しているのが「虚式・茈」です。「術式順転・蒼」と「術式反転・赫」を合わせた複合術式であり、五条家に伝わる奥義です。

御三家である五条家においてもごくわずかしかその術式の存在を知るものは存在していない文字通りの「奥義」であり、蒼と赫によって生まれる仮想の質量を対象に向けて押し出します。

対象からすれば、見ることも触れる事も出来ない重さだけがただ大質量で回避できないレベルのスピードで襲い掛かってくるようなものであり、現代編で初使用した姉妹交流戦では地中深くまで抉り出すほどの絶大な威力でした。

六眼(りくがん)

https://twitter.com/Naa_oo0_/status/1640495840996511745?s=20

これら様々な能力を可能としているのが、五条悟が生まれながらに有している特殊な眼「六眼」です。特殊体質に位置している両目で、見た目は碧眼のような色をしています。

術式、呪力などを詳細に視認可能となっており、無下限呪術を使いこなすための緻密な呪力操作を行えるのもこの特殊な眼があってこそです。

裸眼の状態では常時周辺の詳細な情報が分かってしまい消耗してしまうので、普段はアイマスクによって目隠しをしています。高専時代もサングラスをしており、普通の人間が使えば見えなくなってしまう度が入っているものでした。

目隠しをした状態でも全く問題なく行動できているのはその状態でも周辺がサーモグラフィーのように見えているからで、このままでも微細な呪力の残りや流れを把握可能です。

【呪術廻戦】五条悟の領域展開

呪術廻戦では、自らの生得領域を現実へと生み出す領域展開が存在し、これが呪術の極致と言われるほどの奥義になっています。最強と謳われる五条悟も、これを有しています。

無量空処

https://twitter.com/shiki__no/status/1572603860535091201?s=20

使用する領域展開は「無量空処(むりょうくうしょ)」です。展開すると周辺はまるで宇宙空間のようになり、領域に引き込んだ相手に対し知覚→伝達を無限に強制させます。

人が行動を起こすのに必要な知覚→伝達→行動の内の「知覚→伝達」を無限に続けさせるので、相手は思考だけが無限化し全く動くことができなくなります。

無限の情報伝達ということで脳に与えられる情報量も膨大なものになっており、常人が入り込めば廃人となってしまいます。引き込んだ時点で自らの勝利が確定する、必中と必殺が合わさった凶悪な領域です。

無量空処の元ネタ

各領域展開の使用者は、実際に利用息を使用する際に手印を結びます。五条悟が行っているのは右の中指に人差し指を絡める「帝釈天印」を元ネタとしているようです。

帝釈天とはインドラ神のことであり、主に戦闘面に秀でる神々の帝王という立場です。これが、最強である五条悟とマッチしているからでしょう。

【呪術廻戦】五条悟は死亡した?

呪術廻戦の世界の中では、様々な予測不能な展開が発生しています。敵にも味方にもそれが発生する中、五条悟が死亡してしまったのではないかという事態が発生しました。

獄門疆に封印されている

https://twitter.com/flowerskyspace/status/1354809124085616652?s=20&t=y8DFX5HBR9diU2BhZkFWmw

事態が発生したのは渋谷事変で、かつての親友の体を乗っ取ったすべての元凶、羂索によって、何もかもを封印してしまう事が可能な特級呪物、獄門彊へと封印されてしまったのです。

五条悟が今後死亡する可能性は?

https://twitter.com/juju__miru/status/1622253332059557888?s=20&t=8gh-YFCzfdUYpHrA-ZipMw

獄門彊の内部では物理的時間は流れておらず、あくまでも五条悟は封印という状態のままになっています。ただし、作者の「虎杖、伏黒、釘崎、五条の4人のうち、1人だけ死ぬか1人以外の全員が死ぬかどっちか」という発言があります。

加えて「作品が面白くなるならキャラは殺す」とも発言されているので、最強であるからこそ立ち位置が不安定な五条悟が死亡してしまう可能性は、高くはありませんが無いとも言えない状況になっています。

【呪術廻戦】獄門彊の開門方法とは?五条の解放はいつ?!

【呪術廻戦】獄門彊の開門方法とは?五条の解放はいつ?!

【呪術廻戦】虚式・茈(むらさき)などを使える五条悟の今後の活躍に期待

現代最強の呪術師として自他ともに認める五条悟は、存在そのものが非常に大きな意味を持っています。今後の活躍に期待しつつ、ぜひ本編を読んでみてください。

その他の関連記事はこちらから

【呪術廻戦】ふるべゆらゆらは伏黒恵が唱えた言葉?!その能力を解説!

【呪術廻戦】ふるべゆらゆらは伏黒恵が唱えた言葉?!その能力を解説!

【呪術廻戦】天与呪縛とは?その能力持つキャラクターを徹底解説!

【呪術廻戦】天与呪縛とは?その能力持つキャラクターを徹底解説!

【呪術廻戦】乙骨憂太がかっこいい!魅力から名セリフまで徹底紹介!

【呪術廻戦】乙骨憂太がかっこいい!魅力から名セリフまで徹底紹介!

What is Comic One !?
コミックワンは漫画・アニメの最新情報を発信するサイトです。呪術廻戦やチェーンソーマンなど人気の漫画を徹底解説した記事や、世の中にまだあまり知られていないような隠れた名作漫画のあらすじなども解説している記事が満載です。