【名探偵コナン】若狭留美の正体はレイチェル・浅香⁈判明の経緯をネタバレ アイキャッチ画像 https://www.suruga-ya.jp/
記事作成日:

【名探偵コナン】若狭留美の正体はレイチェル・浅香⁈判明の経緯をネタバレ

『名探偵コナン』に登場するキャラクター若狭留美。少年探偵団が通う帝丹小学校の教師で副担任を務めていますが、以前から「若狭留美って何者?」と言う状態が長く続いていました。そしてついに最新刊にてその真相が明らかになったのです。若狭留美の正体はレイチェル・浅香?!判明した経緯をネタバレします!

【名探偵コナン】若狭留美とは

2023年10月18日に名探偵コナン最新刊104巻が発売され、とうとう謎の女教師「若狭留美」の正体が明らかになりました。まずは、大人気漫画『名探偵コナン』の作品概要と、今回要となる若狭留美のプロフィールからご紹介します。

名探偵コナンの作品概要

『名探偵コナン』は、青山剛昌原作の推理漫画、及びアニメ作品です。1994年1月に少年サンデーで連載が開始され、2024年1月10日発売の少年サンデー7号で30周年を迎えます。アニメは1,000話を超え、単行本も104巻まで発売。コミック累計発行部数は2023年2月時点で2億7000万部を突破しています。

また、劇場版も1997年の第1弾以降毎年1作ずつ公開されており、2023年時点で全26作品。毎年GW映画として親しまれています。

【あらすじ】

世界的推理小説家の父を持つ高校生探偵・工藤新一。数々の難事件を解決してきた彼は、ある日幼馴染の毛利蘭とデートの途中、謎の黒ずくめの男達の取引を目撃してしまいます。証人を消すべく毒薬を飲まされた新一は、何とか命をとりとめたものの、子どもの姿になってしまいました。

そして彼は江戸川コナンの名を使い、難解な事件を解き続けます。全ては謎の組織の正体を突き止め、工藤新一としての自分を取り戻す為…。この世に解けない謎なんてあるはず無い!迷宮入りなしの名探偵、真実はいつもひとつ!

若狭留美のプロフィール

名前若狭 留美 (わかさ るみ)
年齢37歳
ニックネーム若狭先生
職業帝丹小学校1年B組 副担任
特徴垂れ目と白縁の眼鏡
ドジでおっちょこちょい
高い身体能力
時折殺気に満ちた表情や暴力的な言動を見せる

若狭留美は、コナン率いる少年探偵団が通う帝丹小学校で副担任を務める女教師です。白縁の眼鏡をかけた垂れ目の女性で、コミックス91巻(※アニメでは889話・890話)「新任教師の骸骨事件」で初登場。

自己紹介の時にお辞儀をしようとして教卓に頭をぶつける、持った荷物を時間割表に引っかけて破いてしまうなど、ドジでおっちょこちょいな人物です。

その反面、コナンたちに度々ヒントを出すなど、少年探偵団と共に事件を解決する推理力を持っています。身体能力も高く、犯人に対し殺気に満ちた表情や暴力的な言動を見せることもあり、時折見せる”殺気”が恐ろしかったりもします。そんな謎多き女教師・若狭留美にはどうやらもう1つの顔があるようで…。

【名探偵コナン】黒田兵衛の正体は誰なのか?公安ボス説やRUM説など徹底考察!

【名探偵コナン】黒田兵衛の正体は誰なのか?公安ボス説やRUM説など徹底考察!

若狭留美の正体が発覚するのは何巻何話?

では、原作コミックスとアニメで、若狭留美が登場するのはどの回なのでしょうか?以下に若狭留美が登場するエピソードをピックアップしました。

若狭留美の登場回

単行本アニメ
・91巻 新任教師の骸骨事件
File-7 : 966話「スキュタレー暗号」
File-8 : 967話「解読不可能!?」
File-9 : 968話「若狭先生のヒミツ」
889話~890話
新任教師の骸骨事件
・92巻 白い手の女
File-8 : 978話「若狭先生の自宅」
File-9 : 979話「白い手の女」
File-10 : 980話「真っ白な気持ち」
896話~897話
白い手の女
・93巻 燃えるテントの怪
File-6 : 987話「ティップオフ」
File-7 : 988話「ヴァイオレーション」
File-8 : 989話「ブザービーター」
909話~910話
燃えるテントの怪
・95巻 紅の修学旅行
File-2 : 1005話「濃紅の予兆」
・95巻 マリアちゃんをさがせ!
File-3 : 1006話「じっとしてなさい!」
File-5 : 1008話「ホラ♡」
941話~942話
マリアちゃんをさがせ!
・97巻 山菜狩りとクローバー
File-7 : 1032話「山菜採り」
File-8 : 1033話「幸運の御守り」
File-9 : 1034話「ドジだから」
1011話~1012話
山菜狩りとクローバー
・99巻 牧場に墜ちた火種
File-4 : 1051話「不気味な牧場」
File-5 : 1052話「ドジと疑惑」
File-6 : 1053話「「光」
File-7 : 1054話「強いのは…」
1053話~1054話
牧場に墜ちた火種
・101巻 宮野明美のタイムカプセル
File-1 : 1070話「こんな所で会えるとは…」
File-2 : 1071話「タイムカプセル」
File-3 : 1072話「6年A組の人気者」
1093話~1094話
宮野明美のタイムカプセル
・103巻 二人の引率者
File-6 : 1097話「引率者」
File-7 : 1098話「海の家」
File-8 : 1099話「下がれ」
※アニメ未放送
・104巻 騎士は見ていた
File-1 : 1103話「白黒の序盤」
File-2 : 1104話「血染めの騎士」
File-3 : 1105話「陥落の涙」
・104巻 17年前の真相
File-4 : 1106話「達眼の悪魔」
File-5 : 1107話「遠見の角行」
File-6 : 1108話「名人の囲い」
File-7 : 1109話「女王の謀」
・104巻 人喰い教室の怪
File-8 : 1110話「不穏な参観日」
File-9 : 1111話「花壇の怪」
File-10 : 1112話「零れた真実」
※アニメ未放送

若狭留美の正体がついに判明!

若狭留美は初登場時点ではおっちょこちょいのドジキャラでしたが、殺気に満ちた表情や暴力的な言動を見せたり高い身体能力や推理力など、どんどん只者ではないことが明らかになっていきます。

そしてついに2023年10月18日に発売された最新刊104巻でその正体が判明しました。連載中の週刊少年サンデーでは、2022年11月30日号の『名探偵コナン』1103話「白黒の序盤(モノクロのオープニング)』です。次の章では、若狭留美の本当の姿に迫ります!

【名探偵コナン】ラムの正体は?判明までの経緯や伏線を解説!目的はなに?

【名探偵コナン】ラムの正体は?判明までの経緯や伏線を解説!目的はなに?

若狭留美の正体が判明した経緯をネタバレ

若狭留美はどのようにしてその正体が明らかになったのでしょうか。ここでは、若狭留美の正体が判明した経緯をネタバレしていきます!謎の女教師・若狭留美三の裏の顔とは…?!

若狭留美が疑われていた理由

若狭留美は普段はおっとりしていますが、所々で違った姿を見せる場面がいくつもありました。若狭留美はコナン率いる少年団といくつかの事件に遭遇しています。

その際、苦戦しているコナンにヒントを出すなど、コナンに匹敵する洞察力・推理力・頭脳があると示唆されました。若狭留美は偶然を装い、わざと自分たちを事件に遭遇させているのでは?とコナンが疑うシーンも描かれています。

また、優れた身体能力や狂気的な一面も持ち合わせており、全キャラの中でも推理・戦闘ともにトップクラスと呼び声も高い人物です。前々から「普通の教師ではない」「一体何者?」と若狭留美を疑う声も多く挙がっていました。

週刊少年サンデー・白黒の序盤のあらすじをネタバレ

「若狭留美=レイチェル・浅香」だということは、1103話「白黒の序盤」で確定しました。ここでは、物語の中から若狭留美の正体が判明した経緯についてのみネタバレしていきます。

若狭留美はクラス担任の小林澄子と少年探偵団と共に、杯戸町の西トピアで開催されているチェストーナメント大会に、白鳥警部の応援に来ています。大会に参加していた黒田管理官が小林澄子と若狭留美に挨拶をします。

黒田管理官:「警視庁の黒田兵衛です」

小林澄子:「コナン君たちの担任の小林澄子です」

黒田管理官:「若狭先生は、以前にもお会いしましたよね?」

若狭留美:「はい…キャンプの時以来ですね!」

黒田管理官:「キャンプ以前にも会った気がするんですが…しかもどこかのチェス会場で…思い違いでしょうか?」

若狭先生:「多分、他人の空似だと思いますよ…!」

ここで、若き日の黒田管理官とアマンダのボディガードをしている浅香がすれ違う回想シーンが描かれます。つまり、2人は過去に羽田浩司殺人事件で会っていることになります。まさにこれこそが若狭留美=レイチェル・浅香であると確定した決定的瞬間でした。

若狭留美の正体はレイチェル・浅香

若狭留美がレイチェル・浅香ではないか?というのは前々から言われていましたが、黒田管理官との会話で確定的となりました。レイチェル・浅香は当時20歳、かつて資産家であるアマンダ・ヒューズのボディガードしていた人物。そして17年前の羽田浩司殺人事件の関係者で最重要容疑者です。

羽田浩司事件を解説

名探偵コナン史上最も謎めいた事件と言われている、17年前に起きた「羽田浩司事件」。羽田浩司は将棋の四冠王で、七冠王に最も近いと期待された天才棋士。そんな天才はある日謎の死を遂げることになります。

羽田浩司は趣味にしていたチェスの大会に出場するために、大会前夜にアメリカのJuke Hotelに宿泊。同じホテルの別室にいたアメリカの資産家アマンダ・ヒューズは羽田浩司の大ファンで、直接交流もありました。

そして羽田浩司はJuke Hotelの1室にて何者かに襲われて死亡。死因は不明。現場のなる部屋はかなり荒らされており、腕の防御創からかなり抵抗したと思われます。

さらに同日、同じホテルの別の部屋でアマンダ・ヒューズも亡くなっており、こちらも死因は不明です。また、アマンダがボディガードとして雇っていたレイチェル・浅香がその日を境に行方不明になっていることから、この事件の最重要容疑者として行方を追われています。

そしてこの「羽田浩司事件」には、黒の組織が大きく関わっていることが発覚しています。羽田浩司は不可解なダイイングメッセージを残しており…。詳しくは上の動画をご覧ください。

若狭留美の正体が判明した後をネタバレ

1103話「白黒の序盤」で、若狭留美がレイチェル・浅香だと分かってからは、どのように物語が展開していったのでしょうか。1104話以降は17年前の羽田浩司殺人事件関連の内容が続き、若狭留美の正体に関しても深掘りされています。ここからは若狭留美の正体が判明してからのネタバレになります。

名探偵コナン1104話「血染めの騎士」のネタバレあらすじ

内容は1103話で発生した「チェス大会殺人事件」が主な内容になっていますが、途中、現場に落ちていた血に染まった騎士見て、黒田管理官の回想シーンが描かれています。

それは17年前のアマンダが殺害された事件現場。チェス盤の中央付近に両目を血塗られたナイトの駒、ナイトに被せられた腕時計の文字盤には口紅べったりのキスマーク…。ナイトの駒はアマンダの方を向いおり、アマンダ右手の人差し指先には血付いています。

アマンダの背後に立ちすくむ若かりし頃の黒田管理官。この回想シーンで、アマンダの第1発見者が黒田管理官だったことが分かりました。

当時を思い出し厳しい表情の黒田管理官、その様子をじっと見つめる右目が光り怖い表情の若狭留美。コナンが「チェス大会殺人事件」の謎を解く中、ビルの前に停まっているパトカーの横に1台の車が近づき止まります。後部座席の窓ガラスが開くと、そこにはタバコを吸う吸うRUMの姿が…。

名探偵コナン1105話「陥落の涙」のネタバレあらすじ

1104話で「チェス大会殺人事件」の謎を解き、この回で無事事件は解決します。そんな時、会場の天井に監視カメラがあることに若狭留美が気付きます。若狭留美の動きに合わせてカメラも動いており…。

ビルの外に停まっている1台の車。車の中では男がパソコンを操作し、その画面には若狭留美が映っています。そして後部座席にいるRUMに話しかけます。

男 : 「ロビーの防犯カメラのシステムに侵入し、標的の画像を入手しました」

RUM : 「キャンティとコルンに送っておきなさい…疑わしきは罰せよですからと…」

一方、黒田管理官はコナンに1枚の写真を見せます。17年前アマンダが遺したダイイングメッセージのチェスの駒と腕時計の写真です。「今回のダイイングメッセージを瞬時に解いた君なら、それが何を意味してるか分かるかと思った」と、17年前の事件解明のためにコナンを頼るのでした。

名探偵コナン1106話「達眼の悪魔」のネタバレあらすじ

この回はほぼほぼ17年前の事件の回想です。情報の解禁が多すぎるので、若狭留美(レイチェル・浅香)について、分かった情報をのみをご紹介します。レイチェル・浅香は、父親は外国、母親は日本人のハーフでした。実は浅香の父もアマンダのボディーガードで、アマンダの盾となって凶弾に倒れ亡くなっています。

証人保護プログラムで名前を変えて平和に暮らすだずでしたが、幼い頃に犯人を目撃したこともあり、アマンダに自らボディガードになりたいと懇願しました。浅香の母親が病死したこともあり、アマンダはボディーガードとして鍛えてそばに置いたのです。

ちなみに、若狭留美の右目は17年前の時点で一過性黒内障という障害を持っていたことが判明。義眼ではありませんでした。前話で若狭留美がレイチェル・浅香であると見抜いたRUMは、彼女を暗殺しようとキャンティとコルンを動員、組織の動きに感付いた若狭留美もまた、対抗するための行動を開始していました。

【名探偵コナン】黒の組織ボスの正体は烏丸蓮耶!他キャラになりすましてる説も紹介!

【名探偵コナン】黒の組織ボスの正体は烏丸蓮耶!他キャラになりすましてる説も紹介!

若狭留美の正体は浅香と予想されていた理由

若狭留美の正体がレイチェル・浅香だということは、原作で判明する前から確定視されていました。では、若狭留美のどのようなところが浅香と予想されたのでしょうか。見事予想は的中しましたが、その理由について見ていきましょう。

若狭留美の体に無数の傷がある

単行本95巻「紅の修学旅行」では、若狭留美の体には無数の傷があることが分かります。普通の生活を送っていれば、そんな傷が付くわけありません。そのため若狭留美の正体は小学校教師ではなく、過去に戦闘を伴う何かをしていたのでは?と考察されました。

若狭留美のポケットの中に将棋の駒が入っていた

単行本93巻 「燃えるテントの怪」で、若狭留美がポケットの中に入った何かを強く握るシーンがありました。その形状は小さな五角形で明らかに将棋の駒。将棋と言えば17年殺害された天才棋士の羽田浩司です。

さらに95巻 「紅の修学旅行」では、若狭留美が触っているパソコンの横に将棋の駒が映っています。若狭留美にとってこの将棋の駒はとても大事なものなのでしょう。

このことから、若狭留美と羽田浩司は何らかの関係があるのでは?と推測されました。そして新刊104巻で、実際この将棋の駒は本当に羽田から託されたことが明らかになっています。

羽田浩司と話している回想シーンがある

単行本97巻、1033話「幸運の御守り」で、若狭留美が羽田浩司と会話をしている回想シーンがあります。羽田浩司が「遠見の角に好手あり」と言いながら、角の駒の見せている場面と、「それでも僕を殺すというのですか」と問いかけている場面です。若狭留美が羽田浩司と繋がりがあると確定できるシーンでした。

若狭留美の身体能力が高すぎる

若狭留美は教師とは思えないほどの高い身体能力を持っており、初登場した91巻の最終話「若狭先生のヒミツ」では、3人の強盗団をたった1人で制圧しています。殺気に満ちた形相と乱暴な口調は犯人も震えるほどでした。

また、99巻の1054話「強いのは…」では、将棋の駒を拾った公安の安室透が若狭留美と地下で2人きりになり、駒を取り返そうと若狭留美が安室透に襲い掛かります。安室もボクシングをやっていてそれなりに強いですが、留美は暗闇にも関わらず安室を一撃で仕留め、気絶させています。

人前ではドジなフリをしていますが、実際は驚異的な身体能力があり相当強いです。特殊な訓練を受けていたとしか思えません。

若狭留美の正体は予想通りだった?

今回は名探偵コナン最新刊104巻にて「若狭留美=レイチェル・浅香」が判明した経緯を解説しました。若狭留美の正体は予想通りのレイチェル・浅香。実は若狭留美にはもう一つ、黒の組織のNo.2「RUM説」がありました。しかし、RUMの正体は板前の脇田兼則であることが判明しています。

正体が判明したあとの話でも、若狭留美は普通に教師として登場しているので、これからさらにどのように展開していくのか楽しみです。またこの最新刊では、これまで謎だった「羽田浩司事件」の真相が明らかになるので、是非ご覧になってみてみてください!

その他の関連記事はこちらから

【名探偵コナン】赤井秀一の年齢がついに判明!身長や誕生日などプロフィールを紹介

【名探偵コナン】赤井秀一の年齢がついに判明!身長や誕生日などプロフィールを紹介

【名探偵コナン】ウォッカの正体は?FBI手帳を出すシーンがある⁈

【名探偵コナン】ウォッカの正体は?FBI手帳を出すシーンがある⁈

【名探偵コナン】メアリー世良の正体は?プロフィールや幼児化した理由を徹底解説!

【名探偵コナン】メアリー世良の正体は?プロフィールや幼児化した理由を徹底解説!

What is Comic One !?
コミックワンは漫画・アニメの最新情報を発信するサイトです。呪術廻戦やチェーンソーマンなど人気の漫画を徹底解説した記事や、世の中にまだあまり知られていないような隠れた名作漫画のあらすじなども解説している記事が満載です。