【青のエクソシスト】 作者死亡で打ち切り完結?!真相を解説! アイキャッチ画像 https://www.amazon.co.jp/
記事作成日:

【青のエクソシスト】 作者死亡で打ち切り完結?!真相を解説!

青のエクソシストといえば、テレビアニメ化された人気作品です。第3期の制作および放送も決定している本作ですが、実は作者が死亡して打ち切りになったという大変不穏な噂があるのです。本記事ではそんな噂の真相がどうなっているのか、最終巻の結末などに関して詳しく解説していきます。

青のエクソシストとは

漫画作品をはじめとして、テレビアニメなど多くの人に愛されている青のエクソシストは、テレビアニメの制作も続編が決定し盛り上がっています。まずは作品概要などから解説していきましょう。

青のエクソシストの作品概要

「青の祓魔師」は、2009年からジャンプスクエアにて連載されている、加藤和恵先生作の漫画です。累計発行部数は2,500万部を突破しており、2024年現在、漫画単行本は30巻まで刊行されています。

2011年4月からはアニメ第1期が放送され、2012年の「青の祓魔師 劇場版」の公開を経て、2017年1月からはアニメ第2期として「青の祓魔師 京都不浄王篇」が放送されました。

物語は京都不浄王編や島根啓明結社編といった形で「編」としてまとめられており、テレビアニメになった際にもそれら内容をまとめて制作、放送する形となっています。

更に「Aniplex Online Fest 2023」にてアニメ第3期となる「青の祓魔師 島根啓明結社編」の制作および放送が発表され、2024年1月6日からが放送されています。

青のエクソシストのあらすじ

本来互いに干渉しないはずの二つの次元、人間の住む「アッシャー」と悪魔の世界「ゲヘナ」を超えて、アッシャーに干渉しようとする悪魔と、それを祓う祓魔師たちの戦いを描いた物語となっています。

主人公の奥村燐は、修道院で神父の藤本獅郎によって育てられました。中学を卒業したころ、獅郎が悪魔を祓うエクソシストであると知り、自分が悪魔の王「サタン」の息子であると知ります。

サタンとの戦いで獅郎は命を落としますが、エクソシストたちは燐を戦力として引き入れ、双子の弟・奥村雪男と共に正十字学園内の祓魔塾にて、悪魔祓いを学んでいきます。

【犬と屑】打ち切りだったと噂される理由は?最終回ネタバレ!

【犬と屑】打ち切りだったと噂される理由は?最終回ネタバレ!

青のエクソシストの作者のプロフィール

そんな青のエクソシストの作者である加藤和恵先生は、女性の漫画家です。1980年7月20日生まれであることを、過去に公開されていた「カトウキカク」という本人のブログで明かしています。

「僕と兎」という作品が賞に準入賞して漫画家としてデビューしており、2009年から現在のジャンプスクエアにて青のエクソシストの連載を開始しました。

人気漫画「SPY×FAMILY」の作者である遠藤達哉氏とは同作の連載前にお互いのアシスタントをしていたらしく、人気漫画家らの交流もうかがえます。

青のエクソシストは作者死亡した?

人気が高く15年の間連載され続けている人気作品である青のエクソシストですが、その作者である加藤先生の死亡という噂は、果たして本当なのでしょうか?

青のエクソシストは作者死亡前に完結した?

結論から言いますが、青のエクソシストの作者、加藤先生は死亡していません。2024年3月現在も活動されていますし、青のエクソシストもジャンプスクエアにて連載されています。

よって、作者が死亡しておらず、漫画の連載についても終わっていないので作者が死亡というのもそれより前に完結しているというのもすべて噂の範疇を出ないものであった、ということになります。

青のエクソシストは打ち切りになった?

作者の死亡や完結といった話と併せてよく出てくる話として作品の打ち切りの噂もありますが、こちらに関しても完結していない以上打ち切りなど起きるはずがありません

先述した通り漫画の雑誌連載は依然として続いていますし、単行本についても最新30巻が連載されていますから、打ち切りの噂もあり得ないものといえるでしょう。

加えて、テレビアニメも第3期が2024年1月から放送されています。これだけ人気が高く、また盛り上がっている作品が打ち切りで終わるような結末自体考えにくいです。

青のエクソシストの作者が死亡説の真相

青のエクソシストの作者、加藤先生は現在も元気に漫画の執筆を進められていますし、漫画に関しても熱い展開が続いていること、アニメも放送されている事など作品としての人気や注目度などは全く変わりないどころか盛り上がっているほどでした。

では、これだけの人気作および作者に対して、なぜ打ち切りや完結、更には死亡といったような不穏なうわさが出てしまうのかに関してですが、そちらについては色々と理由が出てきます。

青のエクソシストの作者死亡説の真相①新連載開始

1つ目に挙げられる理由は、加藤先生の新漫画の連載が始まった事です。2021年、青のエクソシストが連載されているジャンプスクエアにて「営繕かるかや怪異譚」という漫画が連載され始めたのです。

この漫画は短期集中連載ということで、最初から長く連載はしない事が分かっていたのですが、それでも同じ漫画雑誌に2つの作品を同時期に連載することに変わりありません。

これを見た読者が「いきなり新連載が出てきてびっくりした」「もしかして青のエクソシストは完結するんじゃないか」といったように勘ぐったのが原因であると考えられます。

青のエクソシストの作者死亡説の真相②藤本獅郎の死

続いて挙げられるのが、藤本獅郎の死です。あらすじでも紹介した通り、藤本は主人公である燐とは直接的な血のつながりはないものの、弟の雪男も一緒に育て上げた父親代わりの存在といえます。

ストーリーの展開や魅力的なキャラクターが数多く登場する作品である中でも、類稀な悪魔祓いであることを示す世界でたった一人のみが有することを許される「聖騎士」の称号を持つ人物でもあったのです。

サタンの憑依に唯一耐えうるともされた彼は常に狙われ続けていたのですが、燐との口論で精神を乱したことが原因でサタンに体を乗っ取られ、そして燐を連れていかれるのを阻止するため自ら命を絶ったのです。

読者からも人気が高かった彼の死は大きな衝撃を与えたのですが、それを知らなかったネットの者たちの間で「青のエクソシスト 死亡」と見かけた人が勘違いしたのかもしれません。

青のエクソシストの作者死亡説の真相③スランプ

加藤先生に関しては様々な憶測が飛び交っているものの、その1つがスランプに入ってしまったという説になります。後述するように、青のエクソシストは何度か休載を挟んだことがあります。

そして、先述したように別の漫画の連載に手を出した事も相まって、青のエクソシストの連載が滞っているのは読者の目からも明らかでした。そこから推測された可能性の1つが、スランプなのです。

もちろん、本当に加藤先生がスランプだったかどうかに関しては公式な声明などもありませんので真相は分かりません。ただ、色々と裏づけられる理由があるとこうした噂が出てくるのも致し方ないのかもしれないです。

青のエクソシストの作者死亡説の真相④休載

そして何よりも大きいのが、休載を挟んだことです。過去何度か休載をしたことがあり、特に大きかったのが2021年の8か月の休載、そして2023年の2か月の休載が挙げられます。

2021年8月4日発売の9月号より休載をしたことは公式にも発表されており、その当時には加藤先生直々に「体がバラバラになってしまうかもしれないので」とコメントしていました。

この休載理由はコメントなどから考えるに、作画量が増加してしまったことやテレビアニメ化を3度もはさんでいる事などから、オーバーワークになってしまっている可能性が非常に高いです。

そして、作品が休載すると必ず出てくるのが打ち切りや完結、作者の死亡です。また2023年も、コロナウイルスに罹っていて2か月間休載していたことを公式SNSでも公表しています。

青のエクソシストの最終巻の結末は?

青のエクソシストの漫画単行本は、既に20巻以上刊行されています。ということで、最後に最新刊の内容などに関して紹介していきましょう。

青のエクソシストの最終巻は?

まず、作者が死亡していないことや漫画の完結もしていない事などから、最終巻はまだ出ていないことになります。そこで2024年3月時点の最新刊情報ですが、第30巻が最新巻になります。

第30巻に収録されている内容は、第141話から145話までになります。また、今後の最新刊となる第31巻は予想では2024年夏ごろに発売されるのではないかといわれています。

青のエクソシスト29巻の結末をネタバレ

祓魔師たちが魔神サタンとの壮絶な最終決戦に入りますが、サタンを取り巻くバリアが最大の障壁として立ちはだかります。そんな中で、青い炎を使った燐の攻撃だけがこのバリアに影響を与えられました。

それぞれのメンバーが障壁を突破するべく協力したことによって新技「サタンブレード」でサタンを捕らえ、雪男の攻撃も命中して弱らせられますが、サタンに「お前だって生きてていいはずだ、仲直りしよう」と語りかけます。

青のエクソシスト最新30巻のあらすじ

エクソシストたちの協力によって肉体の破壊に成功した燐たちでしたが、新たな肉体を求めて大地を侵食し始めます。瀕死の賢聖、シェミハザから魔神の封印を託されたしえみは、不安に揺れる封殺軍に呼びかけ、その声は燐たちにも届いていく、といった内容になっています。

【炎炎ノ消防隊】ソウルイーターとの世界線の繋がりや登場キャラの子孫説を考察

【炎炎ノ消防隊】ソウルイーターとの世界線の繋がりや登場キャラの子孫説を考察

青のエクソシストの作者死亡の噂は?

青のエクソシストは作者の死亡、打ち切り、完結のどれもが噂であり、事実ではありませんでした。本作は現在も連載が続いていますので、是非とも本誌を読んでみてください。

その他の関連記事はこちらから

【小悪魔教師サイコ】サイコでグロテスクなあらすじをネタバレ!

【小悪魔教師サイコ】サイコでグロテスクなあらすじをネタバレ!

【推しの子】有馬かなとは?かわいい魅力から重曹ちゃんと呼ばれる理由も解説!

【推しの子】有馬かなとは?かわいい魅力から重曹ちゃんと呼ばれる理由も解説!

【食糧人類】最終回が打ち切り完結だと言われる理由は?結末をネタバレ解説

【食糧人類】最終回が打ち切り完結だと言われる理由は?結末をネタバレ解説

What is Comic One !?
コミックワンは漫画・アニメの最新情報を発信するサイトです。呪術廻戦やチェーンソーマンなど人気の漫画を徹底解説した記事や、世の中にまだあまり知られていないような隠れた名作漫画のあらすじなども解説している記事が満載です。